音楽コラム<vol.71> 寄稿:Eloiseカポノ

Music&Live RUFFHOUSE

2022/08/15 12:00

Follow

My favorite concert NO.1 番外編

Craig Doerge / Yellow Beach Umbrella from album "Craig Doerge”



今回の音楽コラムは、〈vol.63〉「Jackson Browne名古屋公演」の続きのお話です。

公演終了後、機材の搬出が終わってから、当時よく行ってたバー(アメリカンな感じでした)にバイト仲間と行ったんです。
そのバーの名前は、「インディカ」!
1970年代後半、名古屋栄の久屋大通沿いにある’たての街ビル’の地下に「21」というDisco があり、そこでDJをしていたEVAが辞めて始めたバーでした。

仲間との会話は、当然、Jacksonさんのライブの話です。

Late For The Sky やらなくて残念だったとか、リンドレ〜〜の歌うStay、アルバムそのままだったとかetc...

そんな中、3人ぐらいのお客さんが入って来て、自分等が座ってたカウンターの横に座りました。カウンターがコの字型になってて、ちょうどそのご一行様がよく見えたんです^_^
 
びっくり⁉️
なんと、Jackson BrowneのバンドメンバーのキーボーディストのCraig Doergeさんがいるではありませんか!(◎_◎;)

バイト仲間は、クレイグ・ダージさんを知らなくて、僕は少し鼻高々でした。
彼はウエストコーストの「ザ・セクション」というインスツルメンタルロックを演奏していたバンドのキーボードディストで、メンバーは、他にラス・カンケル(ドラム)リーランド・スクラー(ベース)、ダニー・クーチ(ギター)がいました。CSN 、James Taylor、Jackson Browne 等のバックなんかも務めたりしてました。

僕はその時なんてしゃべりかけたのかは忘れましたが、おそらく、「Hi!, Your performance is very nice」ぐらいだったかと(^_^;)
サンキューと言ってもらって握手したことは覚えてます!

お聴きいただきたいのは、彼の1973年のソロアルバム「Craig Doerge」の一曲目、「Yellow Beach Umbrella 」
奥方のJudy Heske との共作で、スリー・ドッグ・ナイト、ベッド・ミドラー、リビー・タイタス(ドナルド・フェイゲンの妻)、アンディ・ウィリアムス、ペリー・コモもカヴァーした代表曲です。
どう表現したらいいのか?
いっぺん聴いてみてください、ノスタルジーを感じるハズ?です。

ページを報告する

コピーしました

You can check the contects only for VIP member which are posted by owner after becoming a VIP member

Music&Live RUFFHOUSE $5.75 / month

Join VIP

コピーしました